10:50 2019年07月24日
ウィキリークス、CIAのハッキング機密文書を新たに公開

ウィキリークス、CIAのハッキング機密文書を新たに公開

© AFP 2019 / Karen Bleier
政治
短縮 URL
ウィキリークス CIAの「ハッキングアーカイブ」を公開 (28)
1130

内部告発サイト「ウィキリークス」はCIAのサイバー諜報プロジェクト2件を暴露する機密文書「Vault 7」の新たなデータを公開した。

スプートニク日本

今回公開された文書には、様々なOSを用いた遠隔作業に不可欠な登録データの盗取プロジェクトについて書かれている。

ウィキリークスによると、プログラム「BothanSpy 」はウィンドウズ・プラットフォームのソフトウェアに組み込まれ、ユーザー登録情報を盗む。情報はその後、CIAのサーバーに送られる。

さらに、同様の機能を持つプログラム「Gyrfalcon 」もあるが、対象はリナックス・プラットフォームであり、遠隔でトラフィックデータも盗める。

先の報道によると、ウィキリークスがCIAの機密文書を初めて公開したのは3月。

トピック
ウィキリークス CIAの「ハッキングアーカイブ」を公開 (28)
タグ
ウィキリークス, 中央情報局, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント