07:21 2018年09月19日
米国、ロシア全土でビザ発給を一時停止

米国、ロシア全土でビザ発給を一時停止

© Sputnik / Iliya Pitalev
政治
短縮 URL
0 15

米国は23日からロシア全土で移民以外のビザ発給を一時停止する。9月1日からはモスクワの米大使館のみで発給業務が再開される。

スプートニク日本

米国の説明によると、これはロシアが同国駐在の米外交官の削減を求めたことを受けての措置

米大使館は、新たな規則について、ロシアによる制限が続く間は効力を持つと指摘した。

また大使館は、外交官らの米国への出発準備と、他の職員の削減に着手したことを明らかにした。

米大使館のホームページでは、米国の決定前にビザを申請し、大使館での面接を予約した人々は、後日に変更するために大使館職員と連絡をとらなければならないと説明されている。

なおベラルーシ人も、今回の米国の決定の影響を受けることになる。在ベラルーシ米国大使館は複数のケースを除いてビザの発給業務を行っていないため、ベラルーシ人はロシア、ポーランド、ウクライナ、リトアニアなどの隣国でビザを申請している。

タグ
ロシア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント