18:47 2018年06月25日
露外務省

米MD「イージス・アショア」導入の可能性を正当化する日本の試みは根拠薄弱 露外務省

© Sputnik / Vladimir Pesnya
政治
短縮 URL
5208

ロシア外務省のザハロワ報道官は、日本が米国のミサイル防衛(MD)システム「イージス・アショア」を導入する可能性について、地域のミサイル戦力の不均衡を生み出す恐れがあるとの見方を示した。

スプートニク日本

報道官はブリーフィングで「我々は、(日本が)米国から近代的なミサイル防衛システムを購入する可能性があるとの情報に注目した。もちろん、日本の防衛当局が『イージス・アショア』を選ぶ方向に傾いているという最近のメディア報道にも注目した。当初から我々はそのような計画に関する我々の懸念を日本へ明確に伝え、それらを北朝鮮のミサイル・核プログラムの進展で正当化する日本側の試みが根拠薄弱であることを指摘した。新システムの購入と導入に関するこの決定がもし承認された場合、それは地域のミサイル戦力の不均衡、北太平洋の戦略的安定を損なうものとしてみなすべきだ」と述べた。

タグ
露日関係, 米国, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント