16:34 2019年12月08日
ジョン・テフト駐露米国大使

任期終了の駐ロシア米国大使、対露制裁解除の条件を示す

© Sputnik / Sergey Guneev
政治
短縮 URL
0 19
でフォローする

駐ロシア米国大使の任期を終えたジョン・テフト氏は、ロシアの政治経済紙コメルサントの取材に応じ、米国にはウクライナのドンバス情勢に起因する対ロシア制裁の一部を解除する用意があるものの、今はまだその目標にはほど遠いところにあるとの見方を示した。

スプートニク日本

テフト元大使は「私の考えでは、現在の米政府は(前政権と)同じ考えを維持しており、ドンバス情勢の好転が達成できるのであれば、我々には制裁の一部を解除する用意がある。しかし今はまだその目標まで遠く、近づきさえもしていない。だからこのテーマで真剣に協議されることはなかった」と述べた。

ロシアと欧米諸国の関係は、クリミア半島およびウクライナ情勢を巡り悪化した状態が続いている。

先にウクライナのポロシェンコ大統領は米上院がウクライナの安全保障および国防分野支援として5億ドルの拠出を承認したことを明らかにした。

タグ
ロシア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント