20:13 2018年10月16日
タリバンの事務所がドーハに設立されたのは米国の主導によるもの=カタール元首相

タリバンの事務所がドーハに設立されたのは米国の主導によるもの=カタール元首相

© Fotolia / iPics
政治
短縮 URL
1110

カタール首相と外務大臣を務めたハマド・ビン・ジャーシム・ビン・ジャブル・アール=サーニー氏は25日、カタール国営テレビに出演し、首都ドーハでの過激派組織タリバンの事務所設立は米国人が主導したものだったと明らかにした。

スプートニク日本

同氏は「アメリカ人は、タリバンとの軍人捕虜交換などに関する交渉の場所がカタールに設けられることを望んでいた」と述べた。

同氏によれば、タリバンの動きがアフガニスタン政府に迫ったとき、カタール政府に対して同組織の事務所だけでなく大使館も開設するように圧力がかかったが、アラブ首長国連邦やサウジアラビアと異なり、これに同意しなかった。ドーハにおけるタリバンの代表部は米国、アフガニスタン、カタールの各国政府の支援のもと2013年に設置された。これによって交渉を進めることができ、アフガニスタン情勢の調整につながると考えられていた。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント