18:12 2018年02月22日
東京+ 3°C
モスクワ-13°C
    ロシア外務省

    Facebook、Twitter、Googleは米政権から恐喝されている 露外務省

    © Sputnik/ Natalia Seliverstova
    政治
    短縮 URL
    欧米で迫害されるロシアメディア (36)
    0 131

    FacebookやTwitterおよびGoogleが「ロシア問題」の捜査に巻き込まれていることについてロシア外務省のセルゲイ・リャブコフ次官は、これらの企業は米政権の恐喝を受けているとする声明を表した。

    スプートニク日本

    「これらインターネット業界最大手がある日一斉に、なにかの政治広告に5千ドルを費やしたと言ったかと思うと、その翌日には、米国の4千万人の有権者がロシアの社会政治広告の影響を受けたと言い出すとは、まったく驚きを禁じ得ない。都度のつまり、これらの企業の証言は混乱し、つじつまが合っていない。米政権に脅され、混乱させられたからだ。その米政権こそ、この問題ではどこに向かうべきか、よくわかっていないように見受けられる。」リャブコフ次官の声明をリアノーボスチ通信が引用して報じた。

    これにより前のニューヨークタイムズ紙の報道によれば、Facebook、Google 、Twitterは2016年の米大統領選挙の過程で発表された「ロシアに関するポスト」の新たなデーターの報告書を準備した。 

    関連ニュース

    TwitterがRTとスプートニク所有の全アカウントの広告を禁止

    ロシアのマスコミに安心して働かせてほしい 在米ロシア大使館が米国呼びかけ

    トピック
    欧米で迫害されるロシアメディア (36)
    タグ
    スプートニク, 米国, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント