18:53 2019年10月18日
米政府官僚 トランプ大統領アジア歴訪中の北朝鮮による挑発行為を危惧− 米ポリティコ紙

米政府官僚 トランプ大統領アジア歴訪中の北朝鮮による挑発行為を危惧− 米ポリティコ紙

© REUTERS / Frank Robichon/Pool
政治
短縮 URL
トランプ大統領のアジア歴訪 (35)
0 12
でフォローする

米政府官僚は、11月5日から11月14日までのトランプ大統領のアジア歴訪期間中に朝鮮民主主義人民共和国が何らかの挑発行為に出ることを危惧している。米政府メディアのポリティコ紙が政府関係筋の情報を引用して伝えた。

スプートニク日本

同紙によると「トランプ大統領が日本や韓国を訪問中に金正恩氏が弾道ミサイル実験或いは核実験さえも強行する恐れ」があり、「ホワイトハウスの官僚はトランプ氏の歴訪を阻害するような危機を北朝鮮が煽るかもしれないと憂慮している。」

また米政府関係筋は「トランプ氏の補佐官らが、この類の非常事態が起きた際の対応計画を作成済みである」ことを認めた。

今回のアジア歴訪の主な目的は、北朝鮮の核への野心を抑えるため同国に対する外交的かつ経済的圧力の強化に関する合意にあるとホワイトハウスでは明らかにしている。トランプ氏自身も東京に着陸する前の機内で記者団に「主な力点は北朝鮮に置かれるだろう。これは我が国と世界にとって大きな問題であり、我々はこの問題を処理したい」と話した。

この数ヶ月間、トランプ氏は金正恩氏に対する否定的な表現を明からさまにしてきた。その中でも、金氏を「小さなロケットマン」と呼び、北朝鮮が米国やその同盟国にミサイル攻撃などを試みるのであれば「炎と怒り」に見舞われるだろうと警告していた。

北朝鮮は今年7月以降4回にわたる弾道ミサイル発射実験を実施したほか、9月3日には同ミサイル搭載用の水爆実験に成功したことを発表。日本や韓国などの同盟国では、米国と北朝鮮の間で繰り返される好戦的な言葉の応酬が軍事衝突に発展する可能性を懸念している。

トピック
トランプ大統領のアジア歴訪 (35)
タグ
金正恩, ドナルド・トランプ, 安倍晋三, 日本, 北朝鮮, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント