01:59 2019年09月24日
米国務省報道官「米露首脳、『ロシアの介入』議論も」

米国務省報道官「米露首脳、『ロシアの介入』議論も」

© REUTERS / Steffen Kugler/Courtesy of Bundesregierung
政治
短縮 URL
114
でフォローする

ベトナムで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議で、トランプ米大統領がロシアのプーチン大統領と、米大統領選挙へのいわゆる「ロシアによる介入」に関する議題を議論する可能性があると、米国務省のナウアート報道官が9日に述べた。

プーチン・トランプ会談【アーカイブ写真】
© REUTERS / Steffen Kugler/Courtesy of Bundesregierung
スプートニク日本

このテーマが両大統領による会談で取り上げられる可能性はあるのか、と米FOXニュースの番組で質問されたナウアート氏は、「この問題は度々議論されている」としたうえで、「米情報機関は選挙へのロシアの介入をはっきりと指摘している」とも述べた。

ただ、ナウアート氏は会談の実現そのものを確認しなかった。「トランプ・プーチン両大統領が10日にベトナムで会談する可能性がある」との報道についてコメントを求められると、「現時点で我々のところではまだ何も決まっていない」として「我々は普通大規模な会談を計画するが、今回はそのようなことにはなっていない。『歩きながら』話をすることはあるかもしれない」と述べた。

関連ニュース

トランプ氏 ロシアに北朝鮮問題解決の支援を呼びかけ

「ロシアは共同作業の用意あり」APECに向けたプーチン大統領の論文全文

タグ
露米関係, ウラジーミル・プーチン, ドナルド・トランプ, 日本, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント