10:58 2018年10月18日
北朝鮮の核、ロシアと中国にも大危険=米大統領補佐官

北朝鮮の核、ロシアと中国にも大危険=米大統領補佐官

© REUTERS / Kevin Lamarque
政治
短縮 URL
2413

マクマスター米大統領補佐官は3日に放送されたFOXテレビへのインタビューで、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)による核・ミサイルが米国だけではなく、ロシアと中国にとっても大危険と主張し、北朝鮮への圧力を強化するよう求めた。NHKが伝えた。

スプートニク日本

マクマスター氏は「米国は他国に対して北朝鮮への圧力強化こそがその国の利益になると説得を試みている。北朝鮮の核は中国とロシア、そして、すべての国々にとって重大な危険だ」と述べた。

また、マクマスター氏によると、日本と韓国は北朝鮮の核を予防措置として核兵器を保有し、開発する可能性もある。「それは中国とロシアの利益ではないはずだ」とマクマスター氏が述べた。

先ほど、ロシアのラブロフ外相はベラルーシのテレビ局STVの番組で、朝鮮半島で武力紛争が起こった場合に最初に被害を受けるのは韓国と日本になるだろうと述べた。

ラブロフ外相は、ロシアは北朝鮮と協力したが、米国は北朝鮮の国境付近で臨時の軍事演習を行って「金正恩氏が小休止を維持できず、同氏を米国の挑発に乗せるために(あたかも)わざと同氏を挑発した」と嘆いた。

タグ
北朝鮮, 中国, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント