06:43 2018年10月18日
駐ロシア米国大使の解釈する関係冷却化の理由

駐ロシア米国大使の解釈する関係冷却化の理由

© Sputnik / Evgeny Biyatov
政治
短縮 URL
108

ジョン・ハンツマン駐ロシア米国大使は、ロシアと米国の関係が冷却化した理由のひとつにロシアが2016年の米大統領選挙に「介入」したからとの見方を示した。ハンツマン大使はロシアのヴェドモスチ紙からのインタビューに答えた中で、こうした考えを表した。

スプートニク日本

「1つの理由に拘泥しようとは思わないが、2016年の米大統領選挙への介入が大きな役割を演じたことは言わなければならない。ロシアでは選挙自体にも選挙に関心を持ち、選挙プロセスを見守っていた市民にもいかに大きな影響を及ぼしたかについて、十分な評価がなされていない。米国の政治では国のトップの選挙システムは神聖なものだ。我々にとってはこのシステムが信頼に基づいた完ぺきなものであると疑いようもないことが重要なのだ。このシステムを損なおうとするいかなる試みも極めて不適当であり、忌々しい侵害である。」

こう指摘する一方でハンツマン大使は、両国関係冷却化のそもそもの原因はウクライナ情勢だと断言し、「介入が一層の不信を招いた。このため我々はこうなってしまった原因を解明し、理解できないうちは、ここから抜け出すことができないのだ」と補足している。

関連ニュース

ラブロフ外相、トランプ大統領チームの行動とオバマ政権の政策を比較する

タグ
露米関係, ロシア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント