09:38 2018年05月22日
東京+ 17°C
モスクワ+ 11°C
    ジークマル・ガブリエル

    独外相、ヨーロッパ合衆国のアイデアを支持

    © AFP 2018 / Odd Andersen
    政治
    短縮 URL
    0 39

    ガブリエル独外相は、社会民主党(SPD)のマルティン・シュルツ党首が提案した、2025年までのヨーロッパ合衆国創設案を支持した。スプートニクDeutschlandが報じた。

    スプートニク日本

    先の木曜日、シュルツ氏は欧州の統合を深化させ、2025年までにヨーロッパ合衆国を形成することを呼びかけた。

    シュルツ氏は「ヨーロッパ連邦を作り出す欧州憲法協定が必要だ」と述べた。

    シュルツ氏は、強固にした連合だけがドイツやオーストリア、フィンランド、フランス、オランダで勢力を強めた右翼の国粋主義者による運動に対抗することができるとの見方を示した。

    ガブリエル外相はこの意見に賛成し、これが実現すれば欧州はより良く世界「市民の利益を代表」できると指摘した。

    ガブリエル氏は「これは確かに必要だ」と述べた。

    関連ニュース

    ドイツ外相、トルコがEUに加盟できない理由を語る

    タグ
    EU, ドイツ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント