01:00 2018年09月26日
ショイグ国防相

ロシア国防相 ロシア境界線でNATOの規模が4倍 上空偵察は3.5倍に

© Sputnik / Russian Defense Ministry Press Service
政治
短縮 URL
129

ロシアのショイグ国防相は、NATOがロシアに対して行う偵察活動の集中度が殊に高まっていることについて、ロシアとの西の境界線上空では従来の3.5倍、海域では1.5倍、西境界線に駐屯するNATO軍人の数は4倍に膨れ上がったことを明らかにした。

スプートニク日本

ショイグ国防相は国防省内の拡大会議の中でこれらの数値を挙げている。

ショイグ大臣はさらに、5年半の間にNATO軍の数は4倍の4万人にまで達していることを明らかにした。

ショイグ大臣によれば、NATOがロシアとの西境界線付近で行う演習の数は、2014年は282回だったのに比較して、今年2017年はすでに548回を数えている。

ショイグ大臣はロシア軍について小規模で機動性が高いと評価し、「殊更に武器を見せつける」こともないといって、その戦闘能力を甘く見ないほうがいいとくぎを刺した。

関連ニュース

プーチン大統領 米国は本質的に中距離核戦力全廃条約を壊す方向へ向かっている

タグ
ロシア軍, NATO, セルゲイ・ショイグ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント