18:44 2018年07月23日
バラク・オバマ前米大統領

オバマ氏、ホワイトハウスでの仕事が恋しいと語る

© AP Photo / courtesy of The Obama Foundation
政治
短縮 URL
125

バラク・オバマ前米大統領は、ホワイトハウスでの仕事を恋しく感じているが、十分な睡眠をとったり、一日を自分で完全に管理できるのは嬉しいと語った。

スプートニク日本

オバマ氏は英国のハリー王子によるインタビューで「私は仕事を恋しく感じている。なぜならそれは魅力的だったからだ」と述べた。NBCが伝えた。

またオバマ氏は「今は遅く起きる。そしてもちろん自分の一日を完全に管理する可能性を持っているのは素晴らしいことだ。それは私が大統領だった時にはなかった。当時の私にあったのは…過密なスケジュール」と述べた。

オバマ氏はまた、時間の過ごし方や何をすべきかを自分で決めることができるため、今は自分が自由であると感じていると述べた。

関連ニュース

オバマ氏、トランプ政権の米をナチス・ドイツと比較

タグ
バラク・オバマ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント