09:28 2018年07月18日
金正恩氏

金正恩氏、腎臓に問題か 声の分析で判明

© AP Photo / Lee Jin-man
政治
短縮 URL
21311

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が健康問題を抱えていることが、金氏の声の分析で明らかになったと、韓国紙「朝鮮日報」が報じた。

スプートニク日本

同紙は、金氏の腎臓には問題があるとの趙東旭(チョ・ドンウク)忠北道立大教授の見方を伝えている。金氏が国民に向けて発表した「新年の辞」を分析した結果、このような結論に至ったという。

金氏が一連の子音を発音する際の声帯の振動や阻害音、振幅を分析したところ、金氏は「心臓や肺よりも腎臓に問題を抱えている可能性が高い」としている。

趙教授は、「このような分析を使って金氏の内臓機能について判断することはできないが、新年の演説の結果から、金氏の腎臓機能は他の内臓よりも弱いと理解できる」と話している。

関連ニュース

金正恩氏の公の場での登場回数、今年は過去5年で最少

金正恩氏の妹、政治局員候補に

タグ
研究, 医学, 金正恩, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント