23:34 2020年10月29日
政治
短縮 URL
1116
でフォローする

米国戦略軍のジョン・ハイテン司令官は、ロシアは米国にとって最も大きな脅威であり、一方、朝鮮民主主義人民共和国については最も予測がたたない存在と発言した。

スプートニク日本

「私の見方ではロシアが最も大きな脅威だ。その理由はロシアがまさにこの瞬間も米国の存在を脅かしているからだ。一方の北朝鮮だが、危険かつ、近い将来に予測のきかない脅威だと思う。」スプートニク英語版がハイテン司令官の声明を引用して報じた。

ハイテン司令官は、北朝鮮に対しては「米国は国防手段を用いている」と述べ、「ロシアと中国に対しては宇宙およびサイバー防衛などの要素を使っている。我々はそれぞれの敵を個別に監視する必要がある」と補足している。

関連記事

識者に聞く、アメリカ新核戦略の功罪:露中との溝、鮮明に

トランプ氏、「露中は米国に挑戦するライバル」

タグ
軍事, 戦争・紛争・対立・外交, 米国防総省・ペンタゴン, 北朝鮮, 中国, ロシア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント