13:21 2018年06月21日
オーストリアのクルツ外相

オーストリア首相 米国はますます「頼りない」

© Sputnik / Valeriy Melnikov
政治
短縮 URL
2102

オーストリアのクルツ首相は、米国はますます「頼りない」存在になりつつあると指摘し、欧州は統一された状態を維持せねばならないと語った。

スプートニク日本

クルツ首相はフィナンシャル・タイムズ紙からの取材に答え、「米国は我々にとって、ますます頼りなさを増している。最も重要なのは欧州が統一された状態にとどまり続けることだ」と答えた。

クルツ首相は英国のEU離脱については、「とんでもない決定」とこき下ろし、決定の「主な原因」となったのはEUの移民問題だったと指摘している。

英国は2016年に実施された国民投票の結果、来2019年3月29日にEUを離脱することが決まっている。

関連ニュース

日本に入る情報の4分の3が米英にコントロール 露上院議員

タグ
オーストリア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント