02:02 2018年12月12日
朝鮮半島の核問題解決は制裁停止まで不完全=ラブロフ外相

朝鮮半島の核問題解決は制裁停止まで不完全=ラブロフ外相

© Sputnik / Maksim Blinov
政治
短縮 URL
1101

朝鮮半島の核問題解決は北朝鮮に対する制裁が停止しないあいだは完全なものにならない。ロシアのラブロフ外相が31日、北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相との会談のあとで見解を示した。

スプートニク日本

ラブロフ外相は「これに向かってどう進むかは、交渉人の技の問題だ。だが1度(交渉の席に)腰掛けただけでこれを行うことはできない」とした上で「1度腰掛けただけでは非核化を保障することは不可能であるため、もちろん、何らかの複数の段階と、各段階において応える動きが必要だ」と強調した。

ラブロフ氏はまた、ロシアが米朝そして北朝鮮と韓国の接触を歓迎しており、朝鮮半島の問題解決における全当事国に「この非常に重要だが、まだ非常に壊れやすいプロセスを頓挫させない」責任を持つよう呼びかけた。

ラブロフ外相は李英浩外相と会談するため、31日に北朝鮮入りした

タグ
セルゲイ・ラブロフ, ロシア, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント