23:22 2018年06月19日
クリントン元米大統領 「何が自分を怒り心頭させるか」を語る

クリントン元米大統領 「何が自分を怒り心頭させるか」を語る

© AP Photo / Manuel Balce Ceneta
政治
短縮 URL
3120

米国第42代大統領でヒラリー・クリントン氏の夫のビル・クリントン氏は、仏「ル・パリジャン」紙からの取材に対し、2016年の米国大統領選挙へのロシアの「介入」に怒り心頭したと打ち明けた。

スプートニク日本

「実際には私は怒りというより憂慮を感じることが多いのだが、ロシアが我々の選挙に介入してきたときは怒り心頭した。ここ、米国にいる人々が人種、年齢、学歴などの理由で他人の投票を邪魔しようとするとき、私はこれに怒りを感じる。」

ビル・クリントン氏は、ロシアはフランス、ドイツ、オランダの選挙にも影響を及ぼそうとしたという見解を持っている。

クリントン氏はこのほかにも気候問題に対するトランプ米大統領の政策に怒りを感じると語っている。

米国はいまだにロシアが自国の大統領選挙に干渉したとして非難し続けている。一方で米国はそれを証明する明確な証拠をいまだに一切提出していない。それどころかこうした非難に続いて他の西側諸国もEU加盟国の選挙にロシアが干渉しようとしているなどと言いがかりをつけはじめたが、これにも一切の証拠は提出されていない。

ロシア大統領府のペスコフ報道官は、選挙にロシアが「介入」したという非難は「全くの事実無根」と切り返している。

関連ニュース

ヒラリー・クリントン氏、耳当て付ロシア帽を持って大学で演説

元NY副知事「クリントン元国務長官は米の恥」

タグ
ロシア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント