07:19 2020年09月27日
政治
短縮 URL
0 170
でフォローする

ロシアのプーチン大統領は、7月16日にフィンランドの首都ヘルシンキで行われたトランプ米大統領との会談で同氏に対し、宇宙兵器配備の拒否を含む軍縮と軍備管理分野における複数の具体的な提案を提示した。8日、ポリティコ紙が、ヘルシンキでの露米首脳会談でプーチン大統領がトランプ大統領に行った提案が記されたロシアの文書をもとに報じた。

スプートニク日本

ポリティコ紙によると、ロシアは、新戦略兵器削減条約(新START) の5年間の延長も提案した。

7月16日、ヘルシンキでプーチン大統領とトランプ大統領の初の本格的な会談が行われた。首脳は1対1で2時間以上の会談を行い、その後、代表団のメンバーを加えて協議を行った。

タグ
露米関係, ドナルド・トランプ, ウラジーミル・プーチン, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント