06:10 2018年11月17日
プーチン大統領

露日の平和条約を前提条件を一切設けず、年末までに締結しましょう=プーチン大統領

© Sputnik / Alexander Vilf
政治
短縮 URL
東方経済フォーラム2018 (43)
2478

プーチン大統領は東方経済フォーラムの総会「極東:可能性の限界を拡大して」の席上、ロシアと日本との平和条約を年末までに前提条件を設けずに締結することを提案した。

スプートニク日本

プーチン大統領は「70年間、我々は交渉を行ってきています。シンゾウ(安倍首相)は『アプローチを変えましょう』と言った。そこで私も次のようなアイデアを思いつきました。平和条約を結ぼうではありませんか。今すぐではなく、年末までに。一切の前提条件を設けずに」と述べた。

プーチン大統領は「日本は我々にとってはごく自然なパートナーです。だからこそ我々は十分に価値のある関係を発展させたいと願っています」と付け加えた。

安倍首相はこれより前に行った演説のなかでプーチン大統領に対し、平和条約は双方がその締結を望んでいることを確証するよう呼びかけていた。安倍首相は、ロシアと日本は前の世代が残した問題を両国の子どもたち、孫たちに際限なく先送りすることを止めるべきだと語っていた。

なお、プーチン大統領は露日の領土問題については、条文に両国の問題調整への希求という一文を書き込むことを提案した。

プーチン大統領は「この条約に直に次のように書き込むことができます。我々は領土問題の調整を希求すると。我々はいつの日かこれを達成できると私は確信しています」と語った。

関連ニュース

日本政府との平和条約問題の解決探求、露政府は継続の意向

平和条約は時間の問題ではなく柔軟性の問題 プーチン・安倍首脳会談に関する専門家の見解

トピック
東方経済フォーラム2018 (43)
タグ
露日関係, 東方経済フォーラム, 安倍晋三, ウラジーミル・プーチン, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント