22:35 2018年10月21日
北大西洋条約機構(NATO)米代表部のハッチソン大使

米NATO大使、ロシアのミサイル排除に関する発言について説明

© AP Photo / Markus Schreiber
政治
短縮 URL
1010

北大西洋条約機構(NATO)米代表部のハッチソン大使はツイッターで、ロシアのミサイルを排除する必要性に関する発言について、ロシアへの先制攻撃を意味するものではないと説明した。

スプートニク日本

先にロイター通信は、ハッチソン大使が、ロシアが隠れて行っている禁止対象の巡航ミサイルシステムの開発を停止させる必要があり、さもなければ、米国はミサイルシステムが機能する前に破壊すると述べたと報じた。

​ハッチソン大使は発言について「私はロシアに先制攻撃を行うとは言わなかった。私の考えは、ロシアは中距離核戦力全廃条約の履行に戻る必要があり、そうでなけれは、米国とNATOの国益を守るためにロシアのポテンシャルに対して相応の措置をとることになるということだ」と説明し、「ロシアによる目に余る違反の現状は容認できない」と強調した。

米国は一度ならず、ロシアが中距離核戦力全廃条約に違反していると主張している。

一方、ロシア政府はこれを否定し、米国こそ欧州にミサイル防衛システムを配備していると指摘している。 

関連ニュース

米、禁止対象のロシアミサイルの破壊もあり得る

米「中国が米防衛産業基盤を破壊」と非難 米誌報道

タグ
米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント