21:00 2018年11月17日
ツイッター

ツイッター、米大統領選に「影響」のツイートアーカイブを公開

© AFP 2018 / Leon Neal
政治
短縮 URL
0 31

ツイッターは17日、米国社会を分断し、大統領選に影響を及ぼす狙いで投稿されたと見られるツイート約1千万個からなるアーカイブを公開したと発表した。

スプートニク日本

公開されたのは、ロシアに拠点を置くインターネット・リサーチ・エージェンシーに関連するという3841のボットアカウントとイランに拠点を置くと見られる770のフェイクアカウント。

ツイッターは以前凍結した疑わしいツイートやアカウントのデータを公開した理由を、研究者や専門家が分析して動きを理解し、信頼できない情報に対する対策を講じるためだと説明する。会社はさらに、「技術的に可能な速度」で信頼できない情報の拡散を感知し堰き止める努力を講じると約束する。

米国はいまだにロシアが自国の大統領選挙に干渉したとして非難し続けている。一方で米国はそれを証明する明確な証拠をいまだに一切提出していない。それどころかこうした非難に続いて他の西側諸国もEU加盟国の選挙にロシアが干渉しようとしているなどと言いがかりをつけはじめたが、これにも一切の証拠は提出されていない。

関連ニュース

米国土安保長官、スプートニクの閲覧に用心するよう呼びかける

ヒラリー氏、「露による干渉」を9.11と同一視

タグ
選挙, ツィッター, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント