13:49 2018年11月18日
ロシアと米国の旗

米メディア、第2回露米首脳会談の開催候補地を発表

© Fotolia / KLimAx Foto
政治
短縮 URL
0 20

11月にフランスの首都パリ、もしくはアルゼンチンの首都ブエノスアイレスで露米首脳会談が開催される可能性があることが明らかになった。米ブルームバーグ通信が伝えた。

スプートニク日本

同通信社は、「消息筋によると、第一次世界大戦100周年記念行事が予定されているパリ、もしくはG20首脳会議が予定されているブエノスアイレスで11月、トランプ大統領がプーチン大統領と会談を行う可能性がある」と伝えた。

フィンランドの首都ヘルシンキで7月16日、露米首脳会談が開催された。両首脳は会談後の合同記者会見の場で、露米関係の改善に向け意欲を示した。

関連ニュース

トランプ大統領、プーチン大統領との会話詳細を明かす

スティーヴン・セガール氏、露日関係の強化を手助けしていると発表

トランプ大統領「プーチン大統領との会談は人生で最高の会談の一つ」

タグ
露米関係, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント