09:34 2018年11月18日
ポンペオ氏、サウジ人記者殺害事件で数週間後に制裁を科す

ポンペオ氏、サウジ人記者殺害事件で数週間後に制裁を科す

© AP Photo / Pablo Martinez Monsivais
政治
短縮 URL
120

ポンペオ米国務長官は1日、サウジ反体制派ジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏殺害された事件で、殺害に関わった人物に対して制裁を加えるため、十分な証拠を得るのに数週間かかると表明した。ロイター通信が報じた。

スプートニク日本

ポンペオ氏は「制裁を科すのに必要な証拠を確保するには恐らくあと数週間はかかるだろう。ただ、そこに行き着くことができると思う」と語った。また、「われわれは事例を見つける。大統領は凶悪な犯罪に関与した者の責任を追及すると表明している」と述べた。

2017年より米ワシントン・ポスト紙の記者を務めていたカショギ氏は10月2日、離婚手続きを行うため在イスタンブール・サウジ総領事館を訪れたものの、その後は行方が分からなくなっていた。サウジ検事総長は20日、同氏の死亡が確認されたと発表。当該事件に関与したとみられる容疑者18人が逮捕された。

関連ニュース

米国防総省、カショギ氏死亡で追加措置を発表

タグ
制裁, マイク・ポンペオ, サウジアラビア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント