12:01 2018年12月13日
米、最新型迎撃ミサイルSM3ブロック2Aの日本への売却承認

米、最新型迎撃ミサイルSM3ブロック2Aの日本への売却承認

© 写真: Missile Defense Agency photo
政治
短縮 URL
0 56

米国が、迎撃ミサイル「SM3ブロック1B」8発と最新型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」13発を総額5億6100万ドルで日本に供給する決定を承認した。19日、米国防総省の国防安全保障協力局が発表した。

スプートニク日本

文書では、「米国の国家安全保障の利益にとって、日本が強力な自衛能力を発展・維持することに協力していくことは決定的に重要だ」と指摘されている。同文書ではまた、当該の契約が「アジア太平洋地域における基本的な軍事バランスを変更することはない」と強調されている。

開発が2006年に始まった迎撃ミサイルSM3ブロック2Aは、先行する修正型「SM3ブロック1A」と「SM3ブロック2B」にとって代わることになっている。これらのミサイルは、多機能戦闘情報制御システム「イージス」を装備した艦船にも、地上配備型移動ミサイル防衛システム「イージス・アショア」にも設置されると予想される。

前記の合意内容の実現に対する許可は既に取得されている。米政権は議会に対し、同政権によって承認された、前述のミサイルを日本へ輸出するとの決定について、公式に通知した。米議会には今後、この新たな兵器契約の研究とその阻止の可能性に向け、30日間の余裕がある。

関連ニュース

米、最新型迎撃ミサイル試験に成功

米日、「イージス」の試験に成功=。米ミサイル防衛局

タグ
日本, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント