20:15 2019年09月16日
ユーリー・トゥルトネフ副首相

プーチン・安倍両首脳 最近の会談ではクリル諸島引き渡しは討議していない 全権代表

© Sputnik / Aleksey Filippov
政治
短縮 URL
163
でフォローする

ロシア連邦副首相兼極東連邦管区のユーリ・トルトネフ大統領全権代表は記者団に対し、プーチン、安倍両首脳は最近の数回の会談においてクリル諸島の日本への引き渡しの問題は一度も討議していない事実を明らかにした。

スプートニク日本

トルトネフ大統領全権代表は、「時折、クリル諸島をこの先どうするのかという噂が持ち上がっているが、あなた方に言えるのは、職務から一連のプーチン・安倍会談に参加してきたものの、島の引き渡し問題はその場では一切話し合われていないということだ」と語った。

トルトネフ大統領全権代表は会談で話し合われていたのはクリル諸島における共同経済活動に関する問題だと指摘している。

トルトネフ大統領全権代表は、「すでに述べたように、日本はクリル諸島への投資の観点からより積極的になりうると我々は踏んでいる」と述べている

関連ニュース

日本へのクリル譲渡を支持するロシア人が増える=世論調査

ラブロフ外相、日本との平和条約締結のために何をすることが不可欠か説明

タグ
露日関係, ウラジーミル・プーチン, 安倍晋三, クリル諸島, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント