07:47 2019年06月25日
ロシアの最新鋭極超音速ミサイルシステム「アバンガルド」

米戦略軍司令官、米が露最新鋭ミサイルを迎撃不可と語る

© Sputnik / The Ministry of Defence of the Russian Federation
政治
短縮 URL
0 111

米軍はロシアの最新鋭極超音速ミサイルシステム「アバンガルド」から国土を防衛可能な兵器を有していない。米誌ナショナル・インタレストがジョン・ハイテン米戦略軍司令官の話を伝えた。

スプートニク日本

「私たちに対するこのような兵器の攻撃を撃退可能な防御手段はない」とハイテン氏は認めた。アバンガルドは12月26日、実験を成功させた。

アバンガルドは時速3万キロまで加速し、30分以内に地球の赤道を一周できる。標的に向かうアバンガルドは上下左右へと複雑な機動を行う。この速度と機動性から現代の対空システムやミサイル防衛(MD)システムでは迎撃が難しい。

「核を搭載可能なアバンガルドシステムのように壊滅的な性能を持つ兵器に関しては、比較的楽観的な迎撃率でさえ、50%は依然受け入れられないリスクをもたらすだろう」とハイテン氏は認めた。

関連ニュース

ロシア、米国人をスパイ容疑で起訴

露の最新型戦車「アルマータ」、2019年に試験開始へ

タグ
軍事, 武器・兵器, アメリカ軍, ロシア軍, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント