09:03 2019年01月23日
米国の元陸軍少将:露中は防衛部門で「4次元」に達した

米国の元陸軍少将:露中は防衛部門で「4次元」に達した

© 写真 : Ministry of Defence of the Russian Federation
政治
短縮 URL
0 41

米国の元陸軍少将ハワード・トンプソン氏は、ザ・ヒル紙で、極超音速兵器の運用開始によって示されるように、ロシアと中国は防衛部門で「4次元」に達したとの考えを表した。

スプートニク日本

トンプソン氏は、ミッチェル航空宇宙研究所の報告書を引用し、米国が極超音速兵器を保有していれば、高速また遠くの地点の標的を破壊することができるだろうと強調した

さらにトンプソン氏は、ロシアと中国は極超音速兵器でその軍事的影響力の範囲を大幅に拡大したと警告し、米国の政治家は最新兵器の利点を理解していないとの考えを示し、不平をこぼした。

関連ニュース

2018年の主要な軍事ニュース

ロシア 最新鋭の超音速ミサイルの発射実験映像を公開

中国、同国初の超音速飛翔体の実験に成功

タグ
武器・兵器, 中国, ロシア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント