05:47 2019年07月22日
米朝首脳

米、第2回米朝首脳会談控え「対北圧力」強化

© AP Photo / Evan Vucci
政治
短縮 URL
215

今月末の第2回米朝首脳会談を控え、米国は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)にさらなる圧力を加えることを目的として、国連経済社会理事会の専門機関の一つ、国際民間航空機関(ICAO)と北朝鮮間の協力を阻止する動きを見せた。ロイター通信が報じた。

スプートニク日本

ロイター通信によると、ICAOは北朝鮮および韓国の領空を通過する飛行ルートの開通に向け、北朝鮮政府と協力していた。現在、北朝鮮側が事前通告なしにロケットを発射する懸念があるため、すべての飛行ルートは北朝鮮の領空を迂回する形となっている。

ロイター通信はまた、「北朝鮮の領空が安全と認められれば、航空各社はアジア、欧州、北アメリカを結ぶ飛行ルートで燃料と時間を節約することができ、北朝鮮は民間航空部門を再生することができる」と説明している。

ICAOは北朝鮮の民間航空部門を再生させる用意があったものの、米国がICAOに対し、 北朝鮮政府が非核化に向けた大きな進展をみせないうちは対北協力を拒否するよう説きふせた。

関連ニュース

ロシア、北朝鮮に無償小麦5万トンを検討

金正恩氏、25日にベトナム入りへ

タグ
核兵器, 戦争・紛争・対立・外交, 北朝鮮, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント