01:04 2020年07月11日
政治
短縮 URL
0 22
でフォローする

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)は韓国が国際制裁体制に違反して米軍との船舶拿捕に関する合同軍事演習を実施したことを激しく糾弾し、この演習こそ朝鮮半島の緊張の元凶と名指しで非難した。この批判は5日付の北朝鮮の中央紙「労働新聞」に掲載された。

スプートニク日本

記事の執筆者はこうした軍事演習の実施は朝鮮半島の平和への尽力を脅かすものとして、「朝鮮半島の緊張を生み出す元凶である他国の軍隊との軍事演習は許してはならない。戦略兵器をはじめとする外国の軍事機器の展開は全面的に中止されねばならない」と主張している。

4月初旬、韓国の済州島付近で展開された米韓合同軍事演習は、米沿岸警備隊の警備艦「バーソルフ」が演習実施前に付近に姿を現したこともあって北朝鮮の激しい批判を呼んだ。

関連ニュース

北朝鮮、米韓合同軍事演習を批判

タグ
米国, 韓国, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント