23:12 2019年07月18日
新疆ウイグル自治区(アーカイブ写真)

中国紙が米国を非難 イスラム教徒に関する「強制収容所」発言で

© AFP 2019 / Johannes Eisele
政治
短縮 URL
0 22

中国の英字新聞「グローバル・タイムズ」は、米国政府が、新疆ウイグル自治区に設立されたイスラム教徒のための教育・職業技能センターを、まぎれもない「強制収容所」と批判したことに対し、誹謗中傷と反論した。これは、中国指導部の公式見解を反映したもの。

スプートニク日本

先日、米国防総省アジア・太平洋安全保障担当のランドール・シュライバー次官補は、新疆ウイグル自治区の教育・職業技能センターを「強制収容所」と批判した。

グローバル・タイムズ紙は、地元のイスラム教徒のためのこうしたセンターについて、彼らが高度の技術を習得し、社会でふさわしい地位を得ることを目的としており、過激主義とテロリズムの新たな勃興を防ぐために必要な政策と反論した。同紙は、ニュージーランドとスリランカでこの間に発生したテロ行為に言及している。

グローバル・タイムズ紙は、米国高官の中傷コメントの目的は中国社会への揺さぶりであり、この地域で米国とその同盟国が挑発しようとしている急進主義的な行動が成就せぬよう、中国当局は新疆ウイグル自治区で積極的な教育活動を行う必要があるとの見方を表している。

関連ニュース

タグ
情報戦, 宗教, 米国, 中国, イスラム教
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント