16:14 2020年02月17日
政治
短縮 URL
137
でフォローする

日本政府は、トランプ米大統領が1960年に締結された日米安全保障条約は不公平だとして不満を表したことについて、「片務的ではない」との認識を示した。NHKが報じた。

スプートニク日本

菅官房長官は27日の記者会見で日米安全保障条約について「全体として見れば、日米双方の義務のバランスは取られており、片務的ということはあたらない」と述べた。

なお菅氏は、安倍首相がG20大阪サミットに合わせたトランプ大統領との会談でこのテーマに触れる予定かとの質問には答えなかった。


関連ニュース
タグ
ドナルド・トランプ, 米国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント