09:12 2020年04月07日
政治
短縮 URL
0 50
でフォローする

ロシアとウクライナは、1月1日に相互請求が無効になり、裁判決定としての財産差し押さえが解除されることに合意した。アレクサンドル・ノバク露エネルギー相が発言した。

最終決定をもたない請求放棄に関する合意は、12月20日にロシアとウクライナが署名したガス協定議定書に盛り込まれた。

来年にはトランジット用ガス650億立方メートルが確保され、2021年から2024年には競争力ある料金が設定されれば各年400億立方メートルが確保される見込み。

関連ニュース

世界的石油危機が起こりうるか、ロシアエネルギー相が発言

タグ
ガス, ウクライナ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント