20:16 2020年02月23日
政治
短縮 URL
0 13
でフォローする

米国は、ハバナ便を除き、キューバへのチャーター便の運行を停止した。10日、マイク・ポンペオ国務長官が明らかにした。

ポンペオ国務長官によれば、この決定は、現在米国からの便が運行しているキューバの9空港に影響する。航空会社は航空便の運行を2ヶ月で段階的に停止する。米国はハバナ行きの便数も同様に制限する。

ポンペオ国務長官によれば、この決定によってキューバの政体強化の可能性が制限されるという。


米国はキューバとの外交関係を1961年に断絶し、その後、同国に対する貿易経済禁輸を実施。2015年、バラク・オバマ大統領の下で両国関係は回復した。しかし、禁輸は継続され、ドナルド・トランプ大統領政権は2017年からキューバとの関係でより厳しい政策の実施を始めた。

関連ニュース

米国、 半世紀ぶりにキューバ上空経由で宇宙ロケットを打ち上げる方針

タグ
米国, キューバ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント