20:24 2020年01月21日
政治
短縮 URL
0 22
でフォローする

朝鮮民主主義人民共和国( 北朝鮮)は、完全な非核化の見返りとして国連の対北朝鮮制裁の一部を解除するという米国との対話には応じない。北朝鮮の金桂冠外務省顧問が発表した。

金外務省顧問によると、たとえトランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の関係が良好だとしても、これは「個人的な感情」にすぎず、国の歴史とは関係ない。朝鮮中央通信が伝えた。

朝鮮中央通信によると、金外務省顧問は「わが民間人の苦しみを少しだけでも緩和するため、北朝鮮の主要な核施設(の廃棄)の見返りに国連制裁を一部解除するという対話は行われない」と述べた。

また金顧問は、北朝鮮は「時間を浪費する」つもりはないとし、米国が米朝対話の再開を望むならば、米国は北朝鮮の要求を受け入れなければならないと指摘した。

関連記事

 

タグ
米国, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント