11:02 2020年02月19日
政治
短縮 URL
0 142
でフォローする

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、トルコのエルドアン大統領との会談で、リビアでの紛争当事者らがロシアとトルコの呼びかけに応じ、フルスケールの軍事行動を中止したと述べた。

プーチン大統領によれば、ロシア政府とトルコ政府は国際政治の多くの方面、特にリビアの紛争の解決で、効果的な働きを行った。

プーチン大統領は、達成された結果は、1月19日に予定されるベルリンでのリビアに関する代表者会議の前提条件を作り出したと強調した。


昨年12月12日にリビア東部を勢力下に置くハリファ・ハフタル元帥はサラージ暫定大統領が統治する首都トリポリに対し、最終決着の攻撃開始を宣言した。これを受けて、リビア暫定政府はトルコに陸、海、空の軍事支援を要請した。その後、ロシアとトルコはリビアの紛争解決に向けて対応を調整し、紛争の当事者に対し日付が1月12日(日)に変わる時点から一切の攻撃を停止し、即座に和平協議を開始するよう要求した。

タグ
ロシア, トルコ, リビア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント