02:57 2020年08月14日
政治
短縮 URL
筆者 :
0 55
でフォローする

米外交専門誌「ナショナル・インタレスト」は、30分で世界を滅亡させる能力を持つ潜水艦5隻をリストアップした。これらのうち3台はロシア海軍が保有する潜水艦で、残り2台は米国海軍のものだ。

同記事の著者は、ロシア海軍と米軍海軍がすでに保有している、あるいは間もなく就役する原子力潜水艦をリストにまとめている。また、ロシアのタイフーン型原子力潜水艦などの古い潜水艦はほとんどが退役しているためそのリストから除外されている。

このリストには、「ナショナル・インタレスト」誌が「弾道ミサイルを備えた最も静かな潜水艦」と呼ぶロシアの「ボレイ型原子力潜水艦」のほか、「デルフィン型原子力潜水艦」、「ヤーセン型原子力潜水艦」が含まれている。

同記事の著者によると、ヤーセン型原子力潜水艦は、例えば米国の東海岸から2000キロ離れた五大湖を攻撃できるという。 

一方、リストには米国の「オハイオ級原子力潜水艦」と「コロンビア級原子力潜水艦」が入っている。「コロンビア級」は新型の潜水艦であり、2021年に造船が開始、2031年に就役する予定。

「ナショナル・インタレスト」誌によると、リストに掲載された潜水艦の中には非常に強力なものもある。そのうちの1隻は288個もの都市規模の標的を「放射性灰に変える」のに十分な威力を持っている。

同記事の著者は「これらの潜水艦とその艦載兵器は、実際に第三次世界大戦が始まれば、ピザを注文するよりも短い時間で人類の文明を終わらせることができる」と述べている。

関連記事

ナショナル・インタレスト誌が世界の海軍トップ5を発表 ロシアと日本もトップ入り

タグ
米国, 軍事, アメリカ軍, ロシア軍, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント