17:03 2020年07月05日
政治
短縮 URL
0 01
でフォローする

トランプ政権のロバート・オブライエン大統領補佐官(国家安全保障担当)は24日、主要7カ国(G7)首脳会議を対面式で開く場合は時期が6月下旬になるとの見通しを示した。CBSニュースのインタビューで明らかにした。

G7サミットは当初、6月10日から12日にかけて首都ワシントン近郊の大統領山荘「キャンプデービッド」で開催される予定だったが、新型コロナウイルスの影響により6月下旬に延期となった。

オブライエン大統領補佐官によれば、G7各国の首脳は対面式のサミット開催に賛同しているという。

米ジョンズ・ホプキンス大学の最新集計結果によれば、米国では164万1585人が新型コロナウイルスに感染し、そのうち9万7686人の死亡が確認された。

感染拡大のホットスポットとなったニューヨーク州で状況は改善しており、直近の24時間で死亡が確認された人の数は109人に留まっている。死者数は最も多い時期で700人台で推移していた。​

関連ニュース

コロナパスポート:今後、抗体検査なしで旅行はできるのか

中国外相、新型コロナをめぐる米国の提訴についてコメント

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
新型コロナウイルス, 米国, G7
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント