05:06 2020年08月12日
政治
短縮 URL
0 20
でフォローする

米国は8月末の安倍晋三首相の訪米を心待ちにしている。東京を訪問中のスティーブン・ビーガン北朝鮮担当特別代表は9日(金)茂木敏充外相と会談し、考えを伝えた。

トランプ氏
© AP Photo / Evan Vucci
ビーガン北朝鮮担当特別代表は会談の中で「8月末の安倍首相の訪米を楽しみにしている」と発言した。TBSテレビが伝えている。

TBSによると、この発言は新型コロナの影響で延期となったG7首脳会議を8月末から9月頭に開催する米国政府の意向と受け取れるという。またビーガン特別代表と茂木外相は朝鮮半島情勢について協議し、日米軍事同盟の発展と強化を継続する意思を確認した。

G7首脳会議は6月末に米国での開催を目指していた。後にトランプ米大統領は新型コロナの影響を鑑み9月に延期することを発表、またロシア、韓国、オーストラリア、インドを招待する考えを示した。

タグ
安倍晋三, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント