06:00 2020年08月15日
政治
短縮 URL
153
でフォローする

米軍人チャールズ・ブリッグス氏がロシアに機密情報を渡したとして告訴された。告訴状によると、同氏は機密情報を入手し、それを「ロシア国籍の男」に渡したという。日刊紙「The Virginian-Pilot」が報じた。

ブリッグス氏は2018年10月から2019年1月まで国家安全保障に関する情報にアクセスできる立場にあったという。

検察は、ブリッグス氏が機密情報を入手するため昨年1月頃に政府コンピュータを使用したと主張。これら情報は「米国の害を及ぼす、あるいは他国に利益をもたらす」ために使用された可能性があるとしている。

ブリッグス氏は自身のセルビア渡航について上層部に隠し、ロシア人やイタリア人と接触があったことも報告しなかったという。

来週、同被告人は高等裁判所の軍事法廷に出廷する。

これより前、米国籍女性がロシアに国家機密を渡そうとしたことを認めた。

タグ
露米関係, ロシア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント