06:41 2020年12月02日
政治
短縮 URL
0 24
でフォローする

菅官房長官は29日の記者会見で、米国が提案する主要7 カ国首脳会議(G7サミット)の参加国拡大について、日本としてはG7の枠組みそのものを維持することが極めて重要だと考えているとの立場を示した。

トランプ氏
© AP Photo / Manuel Balce Ceneta
今年のG7議長国を務める米国のトランプ大統領は、G7サミットにロシア、韓国、オーストラリア、インドの4カ国を招待して規模を拡大する考えを示した。

G7メンバー国のドイツのマース外相は、ロシアのG7 復帰について、ウクライナ問題が解決されるまでは反対との立場を示した。

菅氏は記者会見で、G7の参加国拡大をめぐる日本の立場について、「本来のG7首脳会議の開催形式については議長国である米国やG7各国と議論してきている。我が国としてはG7の枠組みそのものを維持することは極めて重要であるという考えだ。その上で最終的にどのような開催形式をとるかは米国が調整をする」と述べた。

関連ニュース

香港問題、日本がG7の共同声明をリードしたい=安倍首相

タグ
G7, ロシア, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント