07:09 2020年09月20日
政治
短縮 URL
0 03
でフォローする

韓国の徐旭国防部長官候補は16日、国会人事聴問会で、北朝鮮はミサイルプログラムに関する開発を継続していると述べた。

徐旭氏は、北朝鮮は10月10日に行われる朝鮮労働党創建75周年の記念日に向けた準備に全力をあげており、6月に提案した韓国に対する軍事行動計画を中断しているが、北朝鮮軍はミサイルの開発分野などにおける活動を継続していると述べた。また徐旭国防相候補は、韓国国防部は、北朝鮮の行動を注視していると強調した。

徐旭陸軍参謀総長は、韓国国防部は、北朝鮮からのいかなる脅威や煽動に対しても、厳しい報復措置を講じるとした上で、国防部は朝鮮半島における軍事的緊張を抑えるための外交的努力を支持していくとともに、米国をはじめとする同盟国との関係を強化していくとの考えを明らかにした。

2020年6月、北朝鮮はケソンにある南北連絡事務所の建物を爆破し、韓国との関係を悪化させた。この背景には、韓国の非政府団体が北朝鮮の指導者およびその家族を批判する扇動的ビラを北朝鮮に向けて飛ばしたことがあった。ケソンの連絡事務所爆破を受け、前統一部長官は辞任した。

関連記事

北朝鮮が潜水艦からのミサイル発射を準備=米国専門家

タグ
ミサイル, 北朝鮮, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント