09:20 2020年10月25日
政治
短縮 URL
0 40
でフォローする

南コーカサスの未承認国家ナゴルノ・カラバフ共和国で、アルメニアとアゼルバイジャンの合意に基づく停戦が10日に発効した。ロシアの首都モスクワで両国外相による協議が行われ、停戦に合意した。協議にはロシアのラブロフ外相も出席した。

アルメニアとアゼルバイジャンの両外相は9日、ロシアのプーチン大統領の招待でモスクワに到着した。協議は10時間以上に及び、合意が採択された。

合意には紛争解決に関する4項目が含まれている。ナゴルノ・カラバフをめぐる今回の協議は、過去20年間で最長となった。

合意によると、アルメニアとアゼルバイジャンはナゴルノ・カラバフに関して実質的な協議に入ることで合意した。また両国は、ナゴルノ・カラバフに関する交渉プロセスのフォーマットが変わらないことも確認した。また合意では、モスクワで実施された協議でアルメニアとアゼルバイジャンが10月10日正午からナゴルノ・カラバフでの停戦に合意したと指摘されている。停戦体制の具体的パラメーターは、別途合意される。

ナゴルノ・カラバフ紛争

紛争はナゴルノ・カラバフ自治州がアゼルバイジャン・ソビエト社会主義共和国からの離脱を宣言した1988年2月に始まった。1992年から1994年の武力衝突でアゼルバイジャンはナゴルノ・カラバフ及び隣接する7つの地域の支配権を失った。
アゼルバイジャンは領土保全を主張しているが、未承認国家ナゴルノ・カラバフは交渉当事者ではないためアルメニアがナゴルノ・カラバフの利益を擁護している。

関連ニュース

タグ
アゼルバイジャン, アルメニア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント