13:27 2020年11月24日
政治
短縮 URL
ナゴルノ・カラバフの状況 (60)
0 20
でフォローする

ナゴルノ・カラバフの第2の都市シュシャがアゼルバイジャン軍の管理下に移った。国民への声明でアゼルバイジャンのイルハム・アリエフ大統領が発表した。

同大統領は、「シュシャ市は占領から解放された」と強調した。

一方、アルメニア国防省のアルツルゥン・オバニシャン代表は、同市での戦闘はまだ続いているとコメントした。

シュシャ市の占領により、アゼルバイジャンはステパナケルト市(非承認国ナゴルノ・カラバフの首都)とアルメニア側への道路を管理下に置くことができる。

ナゴルノ・カラバフの紛争について何が知られているか?
© Sputnik
ナゴルノ・カラバフの紛争について何が知られているか?

ナゴルノ・カラバフにおけるアルメニアとアゼルバイジャンの軍事紛争は、9月27日以来続いている。両国は互いに挑発行為を非難し、本格的な軍事行動に着手した。紛争当事者によって3度休戦が結ばれたが、しかしそのたびに戦闘中止の合意が覆されてきた。

関連ニュース

トピック
ナゴルノ・カラバフの状況 (60)
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント