12:58 2021年01月24日
政治
短縮 URL
0 23
でフォローする

読売新聞は2日、韓国の次期駐日大使に内定している姜昌一(カン・チャンイル)韓日議員連盟前会長が日本メディアに対し、南クリル諸島(北方四島)に関する過去の自身の発言について釈明したと報じた。

読売新聞によると、姜氏は1日、ソウル市内で日本メディアに対し、南クリル諸島をめぐる過去の自身の発言について釈明した

姜氏は、2011年にクナシル島(国後島)を訪問した際に「北方領土はロシア領土」と述べたことについて、「ロシアに奪われ、占有されたという趣旨で述べたが、うまく伝わらなかった」と説明したという。

関連ニュース

タグ
韓国, ロシア, 日本, 露日関係, クリル諸島
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント