02:05 2021年01月26日
政治
短縮 URL
0 20
でフォローする

ロシアは通常弾頭や核弾頭の搭載が可能な極超音速滑空体「アバンガルド」を新戦略兵器削減条約(新START)の適用範囲に含めた。ロシア外務省のウラジーミル・エルマコフ軍備不拡散・軍縮局長が報告した。

エルマコフ局長によると、これは善意のジェスチャーとして行われ、ロシアはこの問題を多国間フォーマットで協議することに引き続き開かれた姿勢であると強調した。

ロシア外務省のセルゲイ・リャブコフ次官
© Sputnik / Alexander Natruskin
12月、米国のマーシャル・ビリングスリー軍備管理担当大統領特使は露米条約について「まずい取引」とコメント。本条約の適用範囲は米国兵器の90%に相当し、一方ロシアの兵器は40%前後であると指摘した。

11月、次期大統領に選出されたジョー・バイデン氏は軍備管理についてロシアと協力する姿勢を示した。

タグ
軍事, アメリカ軍, ロシア軍
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント