19:00 2021年03月08日
政治
短縮 URL
0 122
でフォローする

ロシア外務省は米国政府に対し、ロシアの内政に干渉しないよう要請した。声明が同機関のフェイスブックで発表された。

声明では、「ロシアの内政に対する米国の不快な干渉は、インターネットプラットフォームによって米国政府が管理する無許可の行動と偽の『宣伝』という事実を証明している」と指摘する。同省は、抗議を奨励する行為はロシア抑止戦略の一部となっていると表明した。

以前、米国大使館はロシアの無許可行動に関する報道を受け、「ロシアの38都市での抗議行動に関する発表」を注視していると発表した。

また大使館はこれらの無許可集会とデモの開催場所を指摘した。

米国大使のジョン・サリバン大使は、ロシア滞在中の米国人の安全確保から無許可行動のルートを発表したと説明した。同大使によれば、大使館は行動の実施場所に近づかないよう彼らに要請したのだという。

タグ
抗議, 米国, ロシア, 露米関係
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント