18:31 2021年04月11日
政治
短縮 URL
0 25
でフォローする

EU(欧州連合)は12日、香港情勢に関する年次報告書を発表。この中で「中国当局が約束した基本的な自由が著しく損なわれている」として中国の対応を批判した。NHKが報じている。

EUは毎年、香港情勢について報告書をまとめており、昨年1年間の政治と経済の状況を報告。今回の報告書では、中国の指導部が昨年成立させた香港国家安全維持法について「香港の高度な自治や民主主義の原則、また中国当局が2047年まで維持すると約束した基本的な事由が著しく損なわれている」と指摘している。

EUのボレル外務・安全保障政策上級代表(外相に相当)は、報告書の発表にあわせて声明を発表。11日に閉幕した中国全人代(全国人民代表大会)で習近平指導部が香港の選挙制度の変更を決めたことについて「政治のさらなる後退だ」として強い懸念を示した。

サウスチャイナ・モーニング・ポストは、新型コロナウイルスの感染拡大で今年9月に延期された香港の立法会(議会)選挙について、12月に延期される可能性があると報じた。

タグ
中国, 香港, 欧州連合
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント