19:49 2021年07月24日
政治
短縮 URL
0 51
でフォローする

ジュネーブでのウラジーミル・プーチン大統領とジョー・バイデン大統領の会合は米国の利益において本物の打撃となった。サイト「ニュースマックス」のインタビューで米安全保障政策センター所長で元中央情報局(CIA)アナリストのフレデリックH.フライツ氏がコメントした。

同氏によれば、兵器の管理およびサイバーセキュリティーにおける新たな交渉での両国首脳の合意、また、大使復帰の決定は、両大統領の記者会見後ただちに重要度を失ったという。

フライツ氏は、ジョー・バイデン大統領は、脈略のないスピーチを行い、彼のメディアへのコメントは月並みなもの、時に意味不明なものであったとの考えを示した。

また同氏は、一方でロシアの大統領はプレスへのスピーチで権威と自信に満ちた姿を示したと指摘した。

専門家によれば、「ホワイトハウスの年老いた話好きのトップ」は世界の聴衆を前に力のなさを示したという。

フライツ氏は、「バイデン大統領は、彼がさまざまなことに対応できないということ、また、外国のライバルたちを前に米国の代表が無力であることを世界に知らしめた。彼はプーチン大統領に外交的勝利を捧げ、米国の利益をなんら得ることができなかった」と強調した。


ロシアのプーチン大統領と米国のバイデン大統領の初会談は16日にスイスのジュネーブで開催され、交渉は休憩を含め4時間半におよんだ。会談を受け、プーチン大統領はバイデン大統領と各省レベルで戦略的安定性に関する協議の開始で合意したことを明らかにした。同大統領によれば、両国は世界の戦略的安定性に対し特別な責任を認識しているという。

関連ニュース

タグ
中央情報局, 米国, 大統領, ジョー・バイデン, ウラジーミル・プーチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント