07:57 2018年12月10日
正教会の教会機構一覧

正教会で復活祭前の受難週間が始まる

© Sputnik / Konstantin Chalabov
ロシア
短縮 URL
0 10

6日、正教会では、最も厳しい精進期「受難週間」が始まる。受難週間は、イエス・キリストの地上での最後日々にちなんで名づけられた。

信者たちは1週間、キリストの受難にちなんで厳しい精進期を過ごす。キリストは人類の罪を償うために受難に耐えた。

受難週間では、毎日が個別の出来事に捧げられている。例えば木曜日は、謙遜と弟子たちへの愛の印としてキリストが弟子たちの足を洗ったといわれる最後の晩餐が思い出される。
なお受難週間の木曜日は、清潔な木曜日とも呼ばれており、家では大掃除が行われる。

聖金曜日は、最も精進が厳しい日。教会では、死の宣告、十字架上での苦しみ、そしてキリストの死が思い出される。この日、多くの信者が断食を行う。

受難週間は土曜日の深夜に終わる。信者たちは「キリスト復活!」と喜びの挨拶をかわし、キリスト教の重要な祭日であるパスハ(復活祭)の始まりを宣言する。

関連:

ヴィクトリア女王の孫、ロシア史の「白い天使」となる
プーシキン美術館、「イスラム国」に破壊されたアッシリア文化遺産の支援キャンペーンを展開
タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント